研究室への中途配属

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。


題名的な事が発生しました。

研究室の学部4年のメンバーが増えたよ\(^o^)/

因みに、よく知ってる後輩が配属されてきます。仲良し。

実はこの後輩、単位が1つだけ足りず、今日まで配属されていませんでした。しかし、「1つ足りずに留年は可哀想」との、コース主任のありがたいお言葉により、単位の追加認定を目指しておりました。

そして、頑張った結果、単位認定され研究室配属となりました!

配属先はまだ通知されてないそうですが、研究室のメーリスで「B4追加配属」と言うメールが送られてきたので、おそらく私が居る研究室への配属になると思います。

この追加配属の際、選択できる研究室は、
「上限人数に達してない研究室」
だったそうです。

本来の研究室配属の際、条件として「各研究室に配属される最低人数」が設定されていました。

この条件により、私が配属された研究室を第1希望として書いていたのに、配属され無かった後輩が実は居ました。成績が悪くて吹っ飛ばされたという奴です。

そう、上限に達していないにも関わらず、他研究室の下限を満たすために別の研究室へと飛ばされたのです。
かくして、研究室への配属人数xは、下限≦x≦上限に調整されました。

しかし、この追加配属の後輩は、上限に達していない研究室全てを選べました!
つまり、上限に達していなかった私の居る研究室を選べたのです!

なんというか、完全に裏ルート\(^o^)/

成績不良で別の研究室への配属になった後輩を尻目に、成績不良過ぎて今日まで配属すら不可能だった後輩が私の居る研究室へとやって来ます。

ωαγοτα...φ(^Д^ )ギャハ
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

壱岐出身のあいつと一緒になったのか(・∀・)

No title

壱岐出身のあいつち一緒になったのさ(・∀・)
一緒になるって言い方がホモホモしくて辛い(´Д⊂ヽ

No title

おかしな話やなぁ。
第一希望にしてた後輩が報われへんで

No title

可哀想ですよね(;´∀`)
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。